ちらほら白髪が気になり始めたら?生え始めにベストなケア方法

ちらほらと生え始めた白髪。

「ものすごく目立つわけではないけれど、分け目や生え際の白髪が気になりだした…」

そんなときこそ、「白髪ケア」をスタートするタイミングです。

白髪をそのまま放置しておくと、見た目印象もよくありません。

実際の年齢より老けて見えたり、清潔感がないと感じられることも。

ただ、白髪の量がそれほど多くないと、具体的にどんな対処をしたらいいのか迷いますよね。

ここでは、「ちらほら生え始めた白髪、どうしたらいいのか分からない!」という方のために、簡単手軽に自宅でできるケア方法をまとめました。

ちらほら白髪が気になるけれど「面倒な白髪ケアはしたくない」「きれいな髪を簡単にキープしたい」という方はぜひ参考にしてください。

ちらほら白髪にも「白髪染め」は必要?

白髪を染める方法として一番メジャーなやり方は、白髪染めを使うことです。

ただ、白髪の量が少ないなら、白髪染めを使わなくても白髪を目立たなくさせることは可能。

白髪染め以外に、

  • おしゃれ染め(カラーリング)
  • ヘアマニキュア
  • カラートリートメント

などの方法があります。

ちらほら白髪対策として、それぞれの方法にどんな違いがあるのか、おすすすめの染め方について詳しく説明していきます。

ちらほら白髪を染めるおすすめの方法

量が少ない「ちらほら白髪」には、次の2つの方法がおすすめです。

  1. おしゃれ染め(カラーリング)
  2. カラートリートメント

おしゃれ染めの特徴と向いている人

おしゃれ染めとは、一般的なカラーリングのこと。色も自由に選べて、明るい色にすることもできます。

おしゃれ染めと白髪染めの違いは?

おしゃれ染めも白髪染めも基本的な仕組みは同じです。ただし、脱色と染色のバランスが異なります。

おしゃれ染め→脱色力は高いが、染色力が弱い。髪を明るい色に染めるときに使う。明るい色にすると白髪部分はあまり染まらないが、白髪の量が少なければ明るめの髪色に馴染ませることができる。

白髪染め→脱色力は低いが、染色力が強い。髪にしっかり色が入るので暗めの仕上がりにするときに使う。

つまり、

髪を暗めの色に染めるのが白髪染め

脱色してから明るい色に染めるのがおしゃれ染め

ということです。

白髪の量が少ないなら、おしゃれ染めで髪全体を明るめのトーンに仕上げることで、白髪部分をうまくなじませて目立たなくすることができます。

おしゃれ染めで白髪はちゃんと染まる?

明るめトーンのおしゃれ染めは、白髪染めと比べると「染色力」が低め。なので、白髪にしっかり色を入れることはできません。

白髪部分は薄めの赤っぽい茶色になることがほとんどです。

いわゆる「色浮き」というもの。

白髪の量が多いと「色浮き」した白髪部分が目立ってしまいますが、量が少なければ周りの明るい髪色に馴染みやすくなります。

ちらほら白髪をおしゃれ染めで染めるメリットとデメリット

おしゃれ染めを使うメリット

  • 色の選択肢が多く自分の好みの色に染められる
  • 明るい色にできる
  • おしゃれな色合いを楽しめる
  • 顔の印象が明るくなる

おしゃれ染めを使うデメリット

  • 白髪の量が増えてくると色浮きが目立つ
  • ふつうのカラーリングなので、根元が伸びてくるとプリン状態が目立つ
  • 髪を脱色して色を入れるので髪が傷む

カラーリングでは髪のキューティクルを開いて髪の内側に染料を浸透させるので、髪が傷みやすい点は注意してください。

ちらほら白髪のおしゃれ染めはこんな人におすすめ

髪の色を明るくしたい人

これまでずっとおしゃれ染め(カラーリング)をしていた人

カラートリートメントの特徴と向いている人

カラートリートメントとは、シャンプーのあとに使うトリートメントにカラー染料を混ぜたもの。

髪の表面に染料をつけてゆっくりと浸透させていくことで、髪の色を変えることができます。

カラートリートメントと白髪染め・おしゃれ染めの違いは?

白髪染めやおしゃれ染めは、薬剤で髪のキューティクルを開いて染料を髪の内側に浸透させることで色をつけるというもの。

一方で、カラートリートメントは髪の表面に色をつけるものです。

内側から染めるのか、外側だけ染めるのかの違いということですね。

また、おしゃれ染めや白髪染めはブリーチ(脱色)して色を入れるので髪が傷みやすく刺激も強いのですが、カラートリートメントは髪に負担が少なくトリートメント効果で艶やかな仕上がりになります。

カラートリートメントで白髪はちゃんと染まる?

白髪用のカラートリートメントは、髪の表面に色をつけていくもの。

商品にもよりますが、数回使用しないと髪に色がつきません。1回使っただけでは、白髪部分はほとんど色が変わらないということも。

ふだんのトリートメント代わりに継続して使うことで、白髪部分もだんだんと染まってきます。

また、シャンプー後の濡れた髪ではトリートメントの染料が流れ落ちてしまう可能性も。

シャンプーのあと一度タオルで水分を拭き取ってからカラートリートメントを使う方がよりきれいに染まりやすくなります。

ちらほら白髪をカラートリートメントで染めるメリットとデメリット

カラートリートメントを使うメリット

  • 髪が傷まない
  • トリートメント効果で髪を艶やかに仕上げられる
  • おしゃれ染めや白髪染めよりも手軽に染められる
  • 色ムラなど失敗しにくい

カラートリートメントを使うデメリット

1回では染まらない

髪全体の色は明るくならない

髪にも頭皮にもダメージや刺激は少なく、きれいな髪をキープしながら白髪も染められるという点がメリットといえます。

一方で、即効性はなく継続して何度か使わないと色がつかないので急いで染めたい人には不向き。また、おしゃれ染めのように元の髪を脱色するわけではないので、髪全体を明るい色にしたいという人にも向いていません。

ちらほら白髪のカラートリートメントはこんな人におすすめ

髪を艶やかに保ちたい人

髪が傷めないで白髪を染めたい人

頭皮が刺激に弱い人

暗めの髪色がいい人

白髪が出る原因やメカニズム

白髪がちらほら出てくると、「もう私もそんな年齢…!?」と焦ってしまうかもしれません。

そして、これからどんどん白髪が増えて真っ白になってしまうんじゃないかという恐怖心も出てきますよね。

年齢を重ねることで白髪が出てくるのは自然なことなので、ある意味受け入れるしかないでしょう。

ただ、できるだけ白髪を増やしたくない、ちらほら白髪程度で押さえておきたいという気持ちもあるはず。

実は、白髪が生えてくるのは年齢のせいだけではなく、生活習慣や頭皮環境などが関係しているとも言われているのです。

白髪が生えるメカニズム

髪が作られるのは毛根にある「毛母細胞」から。この毛母細胞がメラニン色素(メラノサイトという色素細胞が作り出す)を取り込むことで髪の色が黒くなります。

つまり、白髪というのはこのメラニン色素が何らかの原因で作られなかったときに、髪に色がつかず白いままで生えてくるのです。

そして、その原因は「加齢」だけでなく、ホルモンバランスの崩れ、ストレス、栄養不足、睡眠不足、紫外線、血行不良、遺伝などが考えられています。

もし白髪の増加をゆっくりに抑えたいなら、一度自分の生活習慣を見直してみてください。

また、頭皮の血行をよくするためにマッサージをしたり、紫外線を防ぐために頭にUVスプレーを使うなどひと手間かけてみるのもおすすめです。

白髪を染め始めるのはどのタイミング?

白髪を染めるタイミングは、ずばり「自分が気になりだしたとき」。

「白髪が出てきたけど、まだ少ないからケアしなくてもいいかな」

そんな風に思うかもしれませんが、自分が思っている以上に白髪は周りの人の目につきやすいのも事実です。

特に、分け目から数本「ぴょん」と出ているときは要注意。本数は少なくても思っている以上に目立ちます。

白髪の量が少ないときは「抜いちゃえ!」と思う人も多いかもしれませんが、できれば抜かずにきちんとケアしたいところ。

白髪を抜くことで毛根がダメージを受けて、繰り返し抜き続けるとその部分に髪の毛が生えてこなくなる可能性もあるんです。

量が少なくても、きれいな髪をキープしたいなら、上に挙げた「おしゃれ染め」か「カラートリートメント」で染めるのがおすすめ。

そして、白髪の量がさらに増えてきたら、しっかりと色が入る「白髪染め」を使うようにしましょう。

ちらほら白髪の簡単きれいなケア方法まとめ

白髪の量が少ないうちは、「元の髪」をどういう色にしたいかということを優先して染め方を決めるのがいいでしょう。

明るめの色やカラーバリエーションをおしゃれに楽しみたい→おしゃれ染め

暗めのトーンで抑えたい→カラートリートメント

白髪が生え始めても、きちんとケアすれば髪をきれいに見せることはできるのです。

自分に合った「ちらほら白髪ケア」をいろいろ試してみてください。